敏感肌とはどんな肌状態なの?その特徴や注意したいポイント

肌荒れを気にして顔を顰める女性

季節の変わり目になると、なおさら敏感肌だと感じることが多いようです。

多くの女性を悩ます敏感肌とは、一体どんな肌の状態なのでしょうか?

敏感肌ってどんな状態?

まず肌が敏感だと起こりやすい肌の症状から言うと、汗をかいたり紫外線に触れただけでおきる炎症やかゆみ。

また、化粧品でぶつぶつができたり赤くなってしまうのも敏感肌の症状ですね。

そんな症状の時の肌は、セラミドが失われ肌のバリア機能が落ちてしまっている状態です。

しっとりとした正常な肌に必要な存在であるセラミドとは、肌の一番表面にある角層の中の成分をさします。

セラミドは、角層の細胞と細胞の間に皮脂と水分をほど良いバランスで閉じ込めてくれているのです。

角層の細胞間脂質にはバリア機能が備わっているのですが、細胞間脂質の半分はセラミドで作られています。

角層は、新陳代謝を繰り返し約28日で次々と生まれ変わります。

古く不要になった角層は、垢になって排出されるのです。
ターンオーバーというのは、この肌の仕組みのことを言います。

敏感肌の人は、ターンオーバーが乱れやすく未熟なもろい細胞の各層が表面に出てしまいます。

そのため、外部からの刺激を受け、肌はますますダメージを受けます。

それでは、敏感肌の方が心掛けなくてはいけないポイントは何でしょうか?

肌に必要なセラミドを取り戻し、ターンオーバーを整える事です。

肌の表面からのケアはもちろんのこと、生活習慣の見直しなどの内側のケアも必要です。

洗顔料の選び方や洗顔の仕方などの正しいスキンケアを身につけましょう。

そして、正常なターンオーバーにするために、自身の生活習慣を振り返ってみて下さい。

睡眠や食事をきちんと取って、ストレスをためない生活を心がけたいものです。
なかなか治りにくいのが敏感肌です。

でも、日々の地道な努力が、きっと敏感肌から卒業させてくれることでしょう。

なかなか治らない敏感肌の理由と改善方法などについて

敏感肌で悩んでいるという女性の声を多く聞くように思います。

敏感肌の方は、何かに触れただけで顔に赤みが出たり、かゆくなったりで大変ですね。

早く治したいのになかなか治りにくい敏感肌ですが、そもそも何故敏感肌になってしまうのでしょうか?

すぐに思いつく原因としては、使っている化粧水や石けんが合わないことです。
まちがったスキンケアは、敏感肌を作ってしまいます。

アトピーだけでなく、花粉症などのアレルギー体質の方も敏感肌になりがちです。
もちろん、生まれつき肌が弱い方もいますね。

その他、ホルモンバランスの変化も敏感肌につながってしまいます。

月経前後や妊娠している時は要注意ですね。
食生活の乱れや睡眠不足、ストレスの多い日々も、敏感肌に密接な関係があります。

いろいろな原因がある敏感肌ですが、改善するにはどんな方法があるでしょうか?

お肌の調子を決めるのは、外からのケアが3・4割なのに対し、内側からのケアが大半を占めると言われています。

生活習慣を整えるのは、健康な体を作るだけでなく、肌にも大切なポイントです。

栄養を考えたバランスの良い食事や睡眠時間の確保、ストレスをためない上手な気分転換を心掛けたいものです。

敏感肌の方のための正しいスキンケアを学ぶことも必要でしょう。

また、最近腸内フローラなどという言葉をよく耳にしますが、腸内環境を良くすることで肌の調子も整っていくと言われています。

敏感肌は、すぐには改善しないかもしれません。
でも、できることからひとつずつ取り組んでいきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*